auのiPhone5でSparrowなど非純正メールアプリを使ってリアルタイム受信をする設定方法

LINEで送る
Pocket

昨日気づいたのですが、どうやら「買った日以来ezweb.ne.jpのメールボックスがチェックされていなかった」らしい。バッジも何も無いので、来てないと思ったら沢山の返事(アドレス変わりましたよメールに)をいただいていて焦りました。

Softbankの常識はauの非常識

SoftBankとauのiPhone環境で電波の次に違うのはメール環境です。要約するとこんな感じ

SoftBank

  • メールアドレスは@i.softbank.jpと@softbank.ne.jpの二つが貰える
  • @i.softbank.jpは青い(純正)メールアプリ他、他社メールアプリで受信可能
  • @softbank.ne.jpは緑のMMSアプリ専用
  • @i.softbank.jpへのメールは緑のボタンとともに「新しいメッセージが届きました」とリアルタイムに表示して教えてくれる

au

  • メールアドレスは@ezweb.ne.jpの1つのみ
  • 設定画面から、青いメールアプリと緑のMMSアプリのどちらで受けるか選択する
  • リアルタイム受信は青い純正メールアプリ(プッシュ対応メールアプリ)のみ
  • MMSアプリで受けるとリアルタイム受信される

SoftBankはキャリアメール的機能を使って、とりあえず何か届いたという事を教えてくれます。あとはSparrowでもWebメールでも立ち上げて見に行けば新着メールにすぐ対応できる仕組み。対してauはプッシュに対応したアプリが通信して知らせる仕組みの為、「選んだツールにしか入らない」「auが認めてるツールしか入らない」といった事になります。

この点は長年iPhone環境を整えてきたSoftBankに一日の長がありますね。

Sparrowを使いたい

SparrowはiPhoneで有名なメールアプリ。会社はGoogleに買収されてしまいましたが、アプリはまだ販売しています。

Sparrow
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

これをSoftBankと同じ様に使いたい!と思ったのが今回。結論から書くと、MMSツールでリアルタイムに受信し、Sparrowを起動して手動で取りに行く設定です。

作業ステップが多いですが、一つづつゆっくりいきましょう。

1.準備)ezwebの設定を一度消す

ショップ等で設定してくれた、ezweb.ne.jpを純正メールアプリで見に行く設定(プロファイル)が入っていたら消します。設定→一般→プロファイルを開いたら、「削除」を押します。

すでにメールアプリで受けてしまったメールは表示されなくなりますので、必要分はどこかに転送するなどバックアップしてください。

2.MMS受信に変更する

Safariを開き、ブックマークから「auお客様サポート」を開きます。

真ん中にある「iPhone設定ガイド」をタップ

「カンタン初期設定はこちら」をタップするとメニューが広がるので、EZwebメール初期設定を開いて「Eメール設定画面へ」をタップ。

MMSアプリが開いて#5000へ送る準備ができます。入力欄に「1234」と入れて送信。するとすぐ折り返しでURLが送られてきます。

URLを開くとこんなページ。真ん中にある「MMS(メッセージアプリ)で…」に続く「こちら」をタップ。

次の確認画面も進むと、設定完了の画面と共にMMS設定に使うメールアドレス(今までのezweb.ne.jpアドレス)が送られてきます。これをMMSアプリで使う様に設定しておきましょう(設定→メッセージ→[MMSメッセージアドレス])

これで、@ezweb.ne.jp宛のメールはリアルタイムにMMSアプリに届く様になりました。

3.IMAP情報を入手

次にSparrowに入れるIMAP情報を入手します。

Safariでもう一度設定画面を開きます。今度は「その他設定」をタップ。

「メールアカウント手動設定」をタップ。

「リアルタイム受信設定が無効になりますが…」と念を押されるけど「設定情報送信」を押します。

MMSにはIMAPの接続に必要な「ユーザー名」「パスワード」が届きます。ユーザー名は不変ですが、パスワードは「設定情報送信」を押す度に変わるのでそのたび最新を設定する必要があります。

4.Sparrowに設定

Sparrowに設定を入れます。初めてアカウントを設定する場合は最初の画像は読み飛ばして下さい。

既存アカウントを編集し、パスワードを変更します。ところが自分の場合は何度設定しても認証に失敗しました。結局一度アカウントを消して作り直す事に。

上の様に入力します。

同じ様に入れますが、当初はここでも認証失敗になりました。なんでだーと思うと、今度はパスワード欄の下に「接続の保護」「ポート名」という項目が増えます。受信サーバのポートに「993」、送信サーバのポートに「587」と入れたら認証が成功しました。

5.最後にもう一度MMSの設定

ここまできたら、もう一度「2.MMS受信に変更する」を実行し、MMSでezweb.ne.jpを受信するよう設定してください。

注:もしかすると2.の段階でやる必要は無かったのかもしれませんが、少なくともこの5.の段階に来てからMMS設定をする必要がある事は確か。

うまく設定が終わるとメールはMMSアプリに届きすぐ表示されるようになります。その後Sparrowで開くとそちらにも入ります。

Sparrowでメール処理をするのでMMSに未読が残ってしまうのは少し不便。複雑な設定といい、auのiPhoneメールは今ひとつ。

2 Responses

  1. rysk_t 2012/09/30 / 23:25

    すごく参考になりました、ありがとうございます。

  2. ぶっちー 2012/10/01 / 00:41

    ▽rysk_tさん
     いらっしゃいませ。
    こんな説明で伝わりましたでしょうか^^;
    まずは良かった。

コメントを残す