Epic War TD(注:血が出ます)

LINEで送る
Pocket

流血アリの珍しいTowerDeffence系ゲーム、Epic War TDを遊んでみた。

20110511-092744.jpg

例によって英語なので細けーこたぁいいんだよ!状態。
OpenFeintとかGameCenterはお好みで使えます。iPadだとメニュー部分が化けていましたが、上のPlayらしき場所をタップすればOK。

流れは王道のTD系ゲーム。
ルールは1stステージを見る限り

  • 50匹通したらGameOver
  • 使えるユニットは5種類。
  • それぞれ「ダメージ」「連射力or同時攻撃数」「射程」の3つを5段階まで強化可能

20110511-092856.jpg

ざっとした説明。アイコンは左から

  • 設置ボタン:ユニットボタンのON/OFF
  • ユニット「マシンガン」:高速射で安価。序盤はほとんどこれ。
  • ユニット「ミサイル」:射程が広めだが連射が遅い。
  • ユニット「レーザー」:緑色の攻撃用レーザーが出る。
  • ユニット「スロービーム」:敵を鈍足化させる水色のビームを出す
  • ユニット「徹甲弾」:アイコンのイメージから。貫通力ありそうだけど、そんなに強くない
  • 一時停止ボタン:停止したまユニットの設置が可能
  • 早送りボタン:余裕なら押して奴らの無力さを嘲笑うがいいよ!

最初遊んでみましたが、いきなり追い込まれました。難しいよ!

腰を落ち着けて遊んでみると、最初の敵(WAVE)がヤマっぽい。まず入り口(画面左側)付近にマシンガンとスロービームをお金の限り設置。スタートして数匹倒したら一時停止してマシンガンを強化。いきなり飛ばさずに最初だけでも慎重にやれば、機動にのれました。

装備の種類で的への効果が違うのか?とも思いましたが、別に実砲だからとか光学だからとか関係無いみたい。少し残念。

20110511-092907.jpg

放題のバックファイヤまで描写されてるので早送りすると壮観。

侵略者ども!無様に散るがいい!!フハハハHAHAHA!!!

最近3Dで描かれるゲームは多いですが、スプライト(細かく手で書きこまれた物)が動くゲームは見ていてたのしい。ストラテジー系が好きな方におすめです。配置のコツですが、ユニットは両脇に配置してRangeにはあまりコストをかけないこと。S字の内側を有効に使い、Rangeの広いミサイルなどを配置すること。敵を疾走させないように、常にスロービームが当てられるよう配置すること。このあたりかなと。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Epic War TD
現在無料なので映画エイリアンの自動砲台を思い出したい方はゼヒ。

アイコンに「HD」ってあるからiPad対応だと喜んだらRatinaDisplay対応って意味だった。iPadで出してほしーよー

コメントを残す