鎌ベイアンプ 追加改造 

鎌ベイアンプ 追加改造 

 平岡のパソコン工房で3980円で売ってたちっくしょおおおお!!

 こんばんわ。
 まさか札幌でもアキバ価格で出してる店があったとは。郊外だからノーチェックorz 何よりもC/Pが特筆される製品だけに、最高値で買ってしまったのはちょっと悲しい。

 さて前回の改造でほぼ満足していた、というより前回の改造ではさして変わってない=店売りの状態で割と満足高い。な鎌ベイアンプですが、どうしてもやりたい部分があったのでそこに手を入れて最期の改造としました。

 今回も部品は若松通商で通販。
しめて2,501円。とうとう費用合計が1万を超してしまいました。

20081004-1.jpg

 メインは赤いWIMA(ウィマ)のメタライズドポリエステルフィルムコンデンサ。ドイツ製で音響用に評価の高いメーカーの一つです。今回高い物で一個231円。2個で昼飯が食えるよ・・・サイズと価格のバランスからチョイス。MKS02 50V ±5%。
 
 可変抵抗は2chの鎌ベイスレに載っていたRV16A01F-10-20S-A10K(10k Aカーブ)ですが、どうみてもごく普通のVRです。本当にあr(ry サイズやスペースの関係で致し方ない所かと。青い積層セラミックは国内品が安かったのでなんとなく購入。白いOFCシールド線350円/mと高かった。思ったより細かったけど札幌じゃ買えないし仕方ない・・・。

20081004-2.jpg

 ではオペ開始(すでにカバー類を外してネジを取った所)

 やっかいそうなVRの交換から。ねずみ色のバックプレートのカシメを外してVRに触るまでは良かったのですが、足が8本もあるのでコンデンサの様なシーソー外し法(自称。前回の記事参照)が使えない/(^o^)\ 半田吸い取り線で吸おうにもROHSハンダなのかまったく浸透せず。仕方ない、こうだ。
;”>20081004-3.jpg

 中国製VRなぞもろいもろい(´ー`)y-~~~
開きにして前後に分解したら、あとはニョロニョロ(古い!?)の様に何度か前後に曲げ伸ばししてあげると金属疲労で足が折れて取れます。熱害を与えないし、残った足はこの後除去するのでおっけー。

 取り付けですが、フィッティング優先で選んだRV16A01Fでも端子がメスなのでそのままでは付きません。2chスレを参考にやっぱり基盤側からピンを立ててやるしか手はなさそう。

20081004-4.jpg

 最終的にこうなりました。 
 VR側は後列の足を少し前列側に寄せた後「レ」の形に曲げる。基盤側はヘッダーピンを立て、後列のみ45度後ろ側へ倒します。このとき旧VRの残骸が取れます。これで前3本をVRの穴に通しつつ、後ろは密着にて半田付け可能に。
 高さの余裕は全くないので、出来る限り基盤とVRを密着出来るようバックプレートとの位置を確認するのがオススメ。一度付けたら取れません。

20081004-5.jpg

 VRを固定した所。フラックスが汚いがハンダが混じっちゃってるのでご容赦下さい。
 前列の真ん中だけキツイけど細いコテ先を使って後はKIAI。2ch・鎌ベイスレでは「VRの前列GNDと入力RのGNDをジャンパしないとボリュームが効かなくなる」とありましたが、表でパターン繋がってるのでやらなくて大丈夫です。PCBがVer2.0だからかな?

 後は普通に104のセラコンを積層セラに置き換えして、出力部のLCフィルタのコンデンサをWIMAの0.22uFと0.1uFに交換。115は音に関係無いので無視してOK。RCAジャックからのケーブルをOFCシールドへ、SP端子へのケーブルは外と同じくMonster XP® Clear Jacket – Compact Speaker Cable MKIIに交換。
 出力本当はコイルも変えたかったけど売ってなくて諦め(今日みたらスーパーコム SUPERCOMに売ってたorz)

 ここで少し試聴した後、入力カップリングもWIMAに交換(一気に変えたのはそれほど差を感じ無かった為です)

20081004-6.jpg

 YAMAHAにあったデータシートと鎌ベイのパターンを見比べて書いた回路図。入出力に関してだけ書いてますが、こう見るとこのアンプは直接音が通るパーツって本当に少ない。Ver1.0の頃なんてLCフィルタが無かったそうだからコンデンサ1個のみ!?って事になるのかな。
 だからそれ以外の電解コンデンサとかオーディオ品に変えても大して効果が分からないのも当然かと。もちろん電源回路に信頼性のある部品を使うのはそれだけで効果はあるし、何より中国製電コンなんて1個でも入ってるだけで精神衛生上良くない。

 というワケで今回、Lを残して音声信号が通る部品を全交換しました。

20081004-7.jpg

 作業前は解像度が高いモニターライクな音ながらも、若干高音が引きつり気味だった。それが緩和されて中高音域にボリュームが出てきた感じ。ただ音場感の広がりに関しては前と同様あまりなく、真ん中でギュッと収まる感印象です。家にもう1ペアあった小型2Wayに換えてみましたが、やはり感想は変わりませんでした。

 
 読者置き去りで長々書きましたがこれにて鎌ベイの改造は終了。
 まぶしいと不評の電源LEDの所にはキリンレモンのペットボトルフィルムを切って入れました。綺麗w 久しぶりに半田ごてにぎれて満足したし、音の変化があまり感じとれないのも「つるし」で十分満足いくレベルだったからかもしれません。とりあえず音がでなくなるまで使います!

オーディオカテゴリの最新記事