ガジェットで有名なGeekbuyingで服を買ってみたら二ヶ月かかった話

ガジェットで有名なGeekbuyingで服を買ってみたら二ヶ月かかった話

初冬を感じる昨年の11月28日、連日のようにGeekbuyingから送られてくるセール情報の中から良さげなダウンジャケットを発見。秋春用に欲しかった自分はポチってみました。

そして冬真っ只中の1月22日、約二ヶ月を経てそのジャケットに袖を通す事ができました。

Paypal決済の罠

その商品がこちら。

TG220 Men Winter Hooded Down Jacket Size 2XL Dark Yellow

$30のジャケットなんて大したことない(実際そうだったのだけど)だろうと、Paypalチャージの消化として軽い気持ちでポチりました。

想定日数は中国倉庫出庫に最大7営業日、無料中いちばん早いRegisterd Airmailで最大30営業日。の合計37営業日。

このとき不味かったのはGeekbuyingを信用していなかったため、登録せずにPaypal連携だけで買い物をした事。すると「ログインして出荷状況をトラッキングする」というAmazonならお馴染みの確認方法が取れないという事態に陥りました。

英語の住所表記が必要

確認は取れないけど大丈夫でしょう。と、40営業日を待ちましたが全く届かない。

customer supportへ問い合わせると、返事はすぐ来ました。

「英語の住所がわからなかったから、our background(彼らの保留案件?)に入れてた」

だそうです。

言えよ!!

そこから長い長いカスタマーサポートとの英語文通が始まったのですが割愛。会話の内容をまとめると以下の通り。

  1. 英語の住所が分からなかったからオーダーは処理されていない
  2. 英語の住所が必要というメールは出している
  3. 今聞いたからあなたのオーダーの優先度を上げる
  4. 発送されたらその事をお知らせする

2.については連日の広告にサポートメールまで問題無く届くのに、そのメールだけが一通も来ないなんて事は考えられません。
正直疑わしいですが英語で水掛け論なんてゲンナリするのでそこはスルー・・・

ただ根本的な原因は

  • Paypal登録の住所が日本語の場合Geekbuyingが認識できない
  • GeekbuyingはPaypalアカウントだけでオーダーを完了できてしまう

だと自分は結論付けました。

ようやく届いた

問い合わせ後出荷するといったものの、またも連絡なし。

呆れて「どーなってるの」と再度問い合わせたらトラッキングナンバーが送られてきました。
既に川崎市まで来てるし。そしてちゃんと問い合わせ後7日目に出荷してくれているのになぜそれを言わない・・・。

紆余曲折あり約2ヶ月かけて商品が手元に。

  • 縫い終わりの糸が何箇所も飛び出てる ← 丁寧に切りました
  • 真綿のような防水性0の生地 ← 輪染みしそう
  • 見本ページと比べて大分くすんだ黄土色 ← 画像1枚目の色の濃さはなし
  • 2XLだけど日本のMとLの間くらい(ユニクロ比較で)

まあ$27の商品分といった感じ。これらについては諦めてます。

今回の話、教訓としては

  • GeekbuyingでPaypal決済するなら住所を英語表記にしよう
  • このサイトはアレ?と思ったらすぐ問い合わせるべき

です。
みなさん良い通販ライフをー

雑記カテゴリの最新記事