ダイナミック・ドライバイヤホンの終着点 RHA MA750i

LINEで送る
Pocket

ダイナミック型イヤホンとして評価の高いRHA MA750iを買ってしまいました。Klipsch X10(i)という相棒が居ながら。

RHA MA750iとは

イギリスの新進気鋭メーカーRHA社製のハイレゾ対応カナル型イヤホン。

まず価格から語るのも何ですが、¥15,500(Amazon)というイヤホン価格帯としてはミッドレンジにあたる製品。1万円くらいからバランスド・アーマチュア型が増える中、ローエンドのMA350からハイエンドのT20までダイナミック型を貫くRHAの姿勢は少数派といえるかも。

ステンレス削りだしの美しいボディを持ち、いわゆる「SHURE掛け」を行うオーバーイヤータイプのデザイン。ボディは1円玉ほどの大きさがあり、ステンレスと相まって重い部類に入ります。ダクトなどの穴はなく、高い遮音性のあるノイズアイソレーションデザインを実現。実際外への音漏れも少ない様で、周りで聞いてもらったところ自宅など静かな部屋なら聞こえるというレベルでした。

そして「日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠」しており、16-40,000Hzの幅広い再生帯域を持ちます(この注釈気味な説明が「ハイレゾ」のもやもや感を表しているような)。能率は100dbありiPhoneに直接挿しても十分なボリュームで鳴ってくれます。

20151219-01

MA750iは末尾のiの通り、iOS対応のリモコン付きモデル。ステレオプラグはスマホケース対応の段付きかつオール金属製で耐久性が高そうです。バネ状のケーブルホルダは懐かしいデザインですがイヤホンとしては長い3年のメーカー保証付き。

20151219-02

非常に多くのイヤーピースとホルダー、それを収めるケースが付属していました。

20151219-03

付属のイヤーピースは

  • シングルフランジ Sx2組、Mx2組、Lx2組、
  • ダブルフランジ Sx2組、Lx2組
  • フォームチップ ソフトx2組、ハードx2組

と種類豊富。

フィッティング&使い勝手

装着感に関しても評価の高いX10iと比べて最初一週間ほどは使うのに大分苦労しました。

ケーブル

開封して目に飛び込んできたのはUSBケーブルくらいの太さがあるケーブル。弱々しかったX10iと比べると揖保乃糸ラーメン二郎くらい違う。多くの人が「ゴムみたい」とレビューしておりブヨブヨとした手触りですがタッチノイズは起こらず、これはこれで耐久性があるのかもしれません。北海道の氷点下の屋外で使っても特に固くならないのは好印象です。
耳にかかる部分は滑りの良い別パーツになっており装着時に引っかかったりはしません。

イヤーピース

イヤーピースはちょっと自分には合ってない気がしています。

20151219-04

  • シングルフランジ・・・装着してすぐはベストなフィッティングを得られるけれど動くとすぐズレる。
  • ダブルフランジ・・・耳の穴より大きいようで使ってると痛くなる(個人の感想であり・・・)
  • フォームチップ・・・ソフト側でもかなり硬め。Complyみたいに潰して耳に差し込むタイプかとおもいきや、潰れないので耳に入れた後押し込んで自分の形に変えて使う様です。なれるまではかなり圧迫を感じるかも。

総じてどのピースも硬いのでJVCのスパイラルなど他のイヤーピースも試してみようかと考えています。

リモコン

コンパクトでスタイリッシュだけど操作性はよくありません。

20151219-05

センターのボタンとボリュームが近く、指の腹ではなく指先を立てるようにして押す必要あり。手袋をする今時期は特に押しづらい。しかも早送りのダブルクリックの間隔がかなり短く、失敗して停止>再生になる事がしばしばあってイライラします。
ボリュームボタンもクリック感が無く、どこまで押せば効くのかわからずギュッっと押さなくてはなりません。

いろいろ書きましたが使い勝手に関しては全てにおいてX10iが優っています。ただX10iは冬にケーブルが固くなって割れそうだったり、リモコンのボタンが効かなくなったりで耐久性に問題がありました。MA750iには3年保証の耐久性に期待したいところです。

サウンド

音に関して一言でいえば「どっしりとした低音に支えられたモニターライクな音」。

モニターみたいな、って便利な言葉ですがMA750iは「脚色も、不足もしない」という意味でモニタースピーカーをイメージさせます。ソースに空気感みたいなものが記録されていなければそれもそのまま。音場が勝手に広がったりもしませんので「入ってない音は鳴らない」という当然の事を確実にこなすします。
そして記録された音は漏らしません。Voの声のゆれからボイパが口を動かす音、Jazzライブで観客のテーブルにある食器があたる音。全部聞こえます。ダイナミック型の印象を超える高域まで伸びるドライバーと遮音性の高いボディの効果でしょう。ただし金管楽器のギラリとした響きも、バイオリンの裂くような伸びも過分には聴こえてはきません。全ては入っている分です。

ただひとつこのイヤホンらしい特徴的鳴り方をする部分があるとすれば低音。強い、ではなく太いです。音圧によって鼓膜以外も揺れるのか、それともイヤホン本体が振動しているのかはわかりません。耳全体に振動を感じることで「どっしりと太い」印象を強く持った低音が再生されます。ゼンハイザー IE80にもこのような特徴があり、ここにだけは個人の好みが入ってくるんじゃないでしょうか。

結果として「耳の幅で均等の太さをもった円柱」+「底部にどっしりとした丸」を持った音像にとなります。

もうゴールでいいんじゃないか

いろいろ安いイヤホンを中心にアレコレ買ってきましたが「もうRHA MA750iでゴールなんじゃないか。」と思いました。今の時点では

20151219-06

買ってから2週間、片っ端から持っている楽曲を掘り起こしては新たな音を発見するというX10i購入以来二度目のブレイクスルーが起きています。入っている音を盛らず減らさずに「再現」する顕微鏡の様なイヤホン。スタイルやフィッティングから万人に勧められる製品ではありませんが、音に拘る人には「音楽を聴く幸せを感じることができるよ」と勧められる名機です。

コメントを残す