外に持ち歩いたらXperia Z Ultraの良さがわかってきた

LINEで送る
Pocket

契約月はパケット定額もあることだし、お風呂ビューワー(仮)のXperia Z Ultra(SOL24)を持って出歩いてみる事に。

20141204-01

通勤で使える

前の記事でワタクシ嘘を書きました。

縦長のデザインは面白いですが、やはりスーツ姿には違和感アリアリ。

ごめんなさい。むしろスーツ(を着るシーン)にピッタリです。

長札入れに非常に近いサイズなのでスーツやコートのポケットに入れるとピッタリ。薄型で引っかかりがないボディは、満員の通勤電車でもスッと出せてサッとしまえる事が分かりました。横幅はスマホサイズなので、片手で持ってもホールドはしっかりできる。それでいてタブレットの様な縦の長さがあるのでWebページを読む時はスマホの数倍楽です。

そして軽いは正義。つり革につかまりつつ、片手で読んでいても手がつかれません。

InboxでGunosyの消化が捗る

メールはキャリアのアドレス&アプリは使わず、もっぱらGmailが中心。メーラーは最近リリースされたInbox by Gmail。スワイプ操作だけでメールの既読や分別が出来るため、未読0のクリーンなメールボックス管理が出来て気分がいいです。

これまで未読として溜まっていたメールサービス「Gunosy」も一気に捌くことができました。iPad miniではメーラー<>ブラウザを行き来するGunosyはモタツキがおおく、読む気になれなかったのです。SOL24はクアッドコアでパワフル、縦長画面と相まって複数写真が貼られたWebページもスピーディーに消化できます。

Androidのオープン性がいい

基本機能ではありますが、データの連携先にインストールされてるほとんどのアプリを選べるのはいい。「このデータ、あのアプリで開きたいな」って思ったらちゃんと候補に出てくれます。もちろん100%じゃないけれど。
これがiOSだったらむしろ連携できるアプリの方が少なくて、コピペで頑張ってみたりとか変な事に労力を使わなければなりません。

合わせてAndroid定番の左下に出る「戻るボタン」が便利。連携して別のアプリが開いたあとも「戻る」を押していけば前のアプリ間をまたいで戻れるので直感的です。

スマホを電話として使うシーンがほとんどない自分にとって、Webの消化力が高いXperia Z Ultraは結構合っているのかもしれない。

コメントを残す