不本意ながらSumsung 840 Pro SSD 256GBに買い換えました。

土曜の朝、PCの電源を入れたら起動デバイスを探すメッセージがくるくる。インストールして1週間しか経ってないのになんで!?調べたらRAID0を組んでるADATA S511(リード・ライト共に500MB/sを掲げるADATA S511 SSDに乗り換えた | 徒労日記)が一本認識不良なってました。

全く困ってなかったのに/(^o^)\ナンテコッタイ。しかも円安でPCパーツは値上がり傾向だっちゅーの。

再度128GBx2本買い直すか迷ったものの、C300,ADATA S511の上に更に120GBクラスを増やしてもいつか使い道のないディスクの山になりそう。という訳で久しぶりにNonRAID、1本体制で使ってみる事にしました。

20130413-01Samsung 840 Proの256GB。MZ-7PD256B/ITでDEPOツクモ札幌駅前店にて\21,480特価。ツクモたんクリアファイルヒャッホーーーーゥ 秋葉原と同じ値段まで値下げしてたのが決め手でした。一時期は20,500円相場だったらしいですから、確実に円安の影響出てます。
型番末尾のB/ITは移行ツールのみのベーシックタイプ、S/IT(ヨドバシに売ってた)はノートPC用のスペーサ付き品、K/ITは移行作業用USB変換までついたオールインワンタイプ。

手持ちのS511と比較

Sumsung 840Pro ADATA S511
Size 256GB 120GB
Cache 512MB 未公開
Controller MDX(Original) SF-2281
シーケンシャルRead 540MB/s 550MB/s
シーケンシャルWrite 520MB/s 510MB/s
4KBランダムWrite(QD32) 90,000 IOPS 85,000 IOPS
消費電力 動作時:0.069W
待機時:0.054W
動作時:3W
待機時:0.6W

256と120の違いはあるものの、数字上の性能差は無い様に見えます。ただ消費電力だけはSamusungが圧倒的に低いため、ノートPCには効果的な製品でしょう。

試しにベンチマークを取りました。ソフトは例によってCrystalDiskMark Ver3.02f。システムはASUS – マザーボード- SABERTOOTH 990FX R2.0+AMD FX-8350。

20130413-020Fill,1Fillでも同じような結果となりました。データによって大きく差の出るS511(SandForce 2281コントローラ搭載製品)と比べ、常に高速なことが分かります(S511の結果は冒頭のリンクにて)。特にシーケンシャルWriteと512KB Writeはシングルでありながら、RAID0構成のS511の倍近い性能が出ているのは驚き。4KBでも80~90%落ちの速度まで詰めてます。

さすがにシーケンシャルリードはRAID構成に遠く及ばないものの、Writeがかなり速くRAID0を組むのが楽しみな結果となりました。もうADATA S511は要らないから、修理から戻ったら換金してもう一本840 Proが買えたらいいな・・・

Samsung SSD840PRO ベーシックキット256GB MZ-7PD256B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品) Samsung SSD840PRO ベーシックキット256GB MZ-7PD256B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品) 

日本サムスン 2012-10-24
売り上げランキング : 923

Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す