ONDA V701双核版 GooglePlayをフルマーケット化する

大阪日記の途中ですが、ここで”ONDA V701”双核版ニュースです。V701のフルマーケット化をしてみました。

[warning]
この記事には改造手順が書かれています。作業は全て自己責任で行って下さい。これにより発生したいかなる損害、問題についても当方並びにリンクに記載の関係者は責任を負わないものとします。
[/warning]

Battery Mixが動かない!

Androidでバッテリーの状態をモニターする有名なツールに、Battery Mix (バッテリーミックス)があります。自分もそれを使いたい!と思ったのですが、Google Playで探しても素直に出てきません。

これはBattery Mix自体が動作機器に制限をかけているようで、V701やmomo9などのタブレットで見つけても、「お使いの端末はこのバージョンに対応していません」と言われインストールできません。

そこで「フルマーケット化」です。
フルマーケット化とは「何の制限もなく全てのアプリが選べる事」。何をもって「全て」とするかは難しいとこですが、自分はこのBatteryMixが導入できる様になる変更をそう呼ぶことにします。

今回使用した編集済みのファイルはこちら

手順1:handheld_core_hardware.xmlを入れる

IT最新情報  doropad a8x full access marketさんを参考に、handheld_core_hardware.xmlファイルを作成(文字コードはUTF-8)。それを/system/etc/permissionsへコピーします。

直接/system配下へは書き込めないので、一度内蔵SDへコピーしてから、シェルに入って/system/etc/permisionへコピー。他の.xmlファイルと同じ様に、パーミッションを644(-rw-r–r–)へ変更しています。

手順2:build.propの書き換え

次に/systemにある、build.propを開き、fingerprint(機器認識文字列みたいなもの)をメジャーなGalaxyS2への物へと書き換えます。

念のためファイルのバックアップをとり、最初の方にあるro.build.fingerprint=を

に書き換えるだけ。ro.build.description=はそのままで大丈夫です。あとは同じ様に戻して、パーミッションも変えておきます。

ここまで来たら念のため再起動。

手順3:キャッシュの削除

アプリの管理からGooglePlayを強制停止し、キャッシュを消去を選びます。

ここでデータを消去を選ぶとなにやら面倒なことになるので間違えないように。

BatteryMixが動いた!

検索でBattery Mixが表示されるようになりました。

インストールも押せるように。

無事グラフが表示されるか心配でしたが、ちゃんと動きました。最初から動くJuicePlotterより表示データが多いのでこれから愛用させてもらいます。タブレットでも大してデザインは崩れていなくて良かった。

3 Responses

  1. たにさん 2012/12/15 / 12:29

    こんにちは。
    何度もむすみません。
    adb shell permission denied となって、コピーされません
    どうすれば、よいか教えていただけたら。
    よろしくお願いします。

  2. ぶっちー 2012/12/15 / 17:52

    ▽たにさん
    それはファイルをV701に書き込む時に出るメッセージでしょうか。
    だとすれば、直接ファイルを/system/etc/permissionsへ書き込もうとしている事が考えられます。
    一度/mnt/sdcardへアップしてから、シェルに入ってcpでコピーしてはいかがでしょうか。

  3. 匿名 2012/12/17 / 22:31

    話は少し違うのですがESファイルエクスプローラーがダウンロードせきません
    どうすればいいですか?

コメントを残す