ディアブロ、はじめました。

 フハハハハh!!地獄の釜が開いたぜ。
モツパーティーの始まりだ!!。

みたいなノリで読んでいただけますようお願いします(真顔)。

本日5/15、Blizzard Entertainmentの最新作「DIABLO III」がローンチされました。

なにそれ

MMOという言葉が出来る前からある、自分の中の元祖ネットゲームです。
初めて初代Diabloを遊んだのが学生の頃だったから、もう15年以上前の作品になります(ディアブロ (ゲーム) – Wikipedia)。その後IIも割と速いスパンで出たのですが、IIIはそこからなんと12年ぶり。

3Dゲーム全盛の時代にあって、Diabloは1から続くクォータービューの2DアクションRPG。正確には今風に3Dもアクセラレートも使っていますが、基本的には昔懐かしのDiabloスタイルを踏襲してるというのが感想。ビデオカードの性能はそんなに高い物でなくても大丈夫。
Diablo1の村と同じBGMも、語り継ぐ老人の声も当時の記憶を呼び起こさせてくれる、原点回帰な仕上がりです。まだ1日しかプレイしてませんが!IIよりもダーティーでうすら恐ろしい感じがうまく出ていますね。

 村から一歩出ればカタコンベだぜヒャッハー!

自分はWizardでプレイ開始。
貴重な情報をまとめられているDiablo3 日本語 Wiki*によりますと、

魔法の遣い手は、サンクチュアリ全体(XiansaiからCaldeumに到るまで)のアカデミーから”ソーサレス”や”メイジ”といったあだ名で呼ばれている。しかし蔑称であるWizardを自称する人々は、他の仲間の呪文使いとはライオンと猫ほども違う。
Wizardは素質が多くあることで知られる。そして反抗心や能力を有するだけでなく、終わりの見えない訓練や、警告や安全性についての無駄な話をいつまでも続ける魔法学校に対する軽蔑もまた持つ。

なんだか他への犠牲をいとわない求道者、みたいな感じがいいですな。こういう世界感やストーリーなども細かく設定され、長らくファンの心を掴み続けました。

英語だよね?

世界同時発売作品ですが、悲しい事に日本語ローカライズはされていません(韓国語版や中国語版はあり)。

ただし、遊んでみた所画面の案内やマップ表示が格段に親切になっており、英語が読めない人でもよくRPGで遊ぶ人なら感覚でわかるはず。村の人の話やストーリーが理解できないのはちょっと残念だけれど。英語に自信のある人ならより深くDiabloを楽しめるでしょう。

最低限必要な英語として、画面の右に表示されるクエスト(今の目標)だけは読む必要あり。短い文で大抵「○○に行け」だとか「○○を倒せ」だとか書いてるだけです。地図に目印も出るので、なんとなくで意訳すれば先に進めました。

マルチプレイの仕組み

まだ完全に把握はできていませんが、どうやらマルチプレイはランダムに組まれる最大4人のPTで章を進める形の様です。IやIIの様にロビーの様なチャット室に集まり、気のあった4人でルームを作るという形では無いみたい。

トップメニューから「PUBLIC GAME」を選び、章(とLv)を選ぶといきなり知らない人とゲームが開始します。そしてAmericaのサーバなので相手は大抵外国人。ほとんど喋らなかったので結構黙々とプレイは進みました。まぁこっちも喋れないのでいくつかの単語を発言して意思を疎通する程度。

ちょっと気になったのが

Extensive List of Basic Diablo 3 – Diablo3 日本語 Wiki*


各プレイヤーのドロップは独立しているので、アイテムを我先にと奪いあう必要性はありません。また、パーティーの人数はドロップに影響を与えません。

とあるのですが、とある外国人に「俺のヘルムとりやがった。SHIT!」みたいな事言われました。なんだか分からないので手持ちからあげましたが、やっぱり取り合いなんじゃね?と。
その当たりはもう少しプレイを続けて把握する必要がありそうです。

2012/05/16 追記
思ったのだけど、フレンド(ソーシャル)機能が搭載されているので思った人と一緒にプレイできない仕組み、って事は無いんじゃないかなと。きっとCLOSED GAME(仲間内指定のゲーム)が出来るんじゃないかと思いますのでそちらも合わせて調べてみます。

2012/05/22 追記
やっぱりClosed Game(PT)ができました。また、ドロップもちゃんと公平分配されている様なので、気にする必要はないみたいです。すばらしい!詳しくは新しい記事へ。
新しくなったDiablo3のポイントとパーティープレイの遊び方 | 徒労日記

購入方法

最後にDiabloIIIに興味を持って下さった方へ購入方法です。ざっと考えられる所では

  1. Blizzard公式(Battle.net)からダウンロード購入
  2. Amazon.comなどで輸入(Amazon.com: Diablo III: Standard Edition: Video Games)
  3. トレーダー4号店カオス館とか秋葉原アーク(Ark)あたりが売りそう

が考えられます。自分は1.のダウンロード購入にしました。価格は$52位だった気がしますが、今なら円高の為5000円を切るので一番割安。Battle.netにアカウントを作成後、クレジットカードなどで購入します。パッケージが欲しい方は輸入版を買うしかありませんが、カオス館では6980円で現在売り切れ中。

人と人のしがらみのあるSNS,MMORPGに疲れたらDiabloへ!

2 Responses

  1. otomo 2012/05/16 / 08:52

    >とある外国人に「俺のヘルムとりやがった。SHIT!」みたいな事言われました。

    インターネットって怖いですねえw。

  2. ぶっちー 2012/05/17 / 14:42

    ▽ootomo
    最初自動で伏せられたのに、わざわざスペースいれて
    言い直されたよ。キーボードクラッシャーみたいな子なのかな。

    遠慮と奥ゆかしさの日本人か、思った事を言えないのが損してる日本人か。

コメントを残す