SONYの高速USBメモリを試す

「安物USBがぶっ飛んでWebサーバ消えました\(^o^)/」

じゃ、困るのでシステムが入るUSBメモリの信頼性を少しあげてみた。
買ったのはSONYのUSM8GLXWA(商品ページ:USM-LX(A)シリーズ | USBメモリー POCKET BIT“ポケットビット” )

価格.comで最安でも¥2,500はしているものが、Do夢にて¥1,980なのを発見!!思わず2個買いました。Do夢・・・おそろしい子。

当初使っていたTeamのFusion8GBとは違い、明確に高速タイプ(31MB/s)を謳った商品です。早速ベンチマークしてみました。

表記通り、確かに約31MB/s出ています。
テストサイズを1GBにして試してもみましたが、結果は変わりませんでした。Write性能はかなり厳しいけれど、ほとんど読みだからいいか。

一応TeamのFusion 8GBも計測。

安物(といってもSONYとの価格差は500円くらい)だけど意外と健闘してます。Seq.Writeは上回っているくらい。速度的には問題がなく、あとは信頼性(という名の噂)の差でしょうか。WordPressで大きめの画像をアップしても、やや待たされる程度で済んでいます。ロリポップくらい、と書けば伝わるだろうかw

これでしばらくはもつと思うので、定期的にDDでミラーリングをかけてバックアップをしていきます。本当は同じアドレスへの連続アクセスを避けるため、Memory Cacheを有効にしてRebuildしたApacheを使用すべきだとは思うのですが・・・誰かお願い。

コメントを残す