スマートホームを目指してGearsBestで適当に買い漁ったけど日本語環境の壁に当たる

Alexaに話しかけて家中の照明や電化製品をコントール。

そんな未来のマイホームを目指してAmazon Echo Plusと格闘していますが、まー先は長い。時間もかかりそうなのでココで一つ、手に入れたものを振り返ってみます。

GearsBestとは

品揃えでも、サイトデザインでも「中国版Amazonコピー」といっても差し支えないECサイト。

このサイトの特徴はとにかくはとにかく安い事でしょう。サイバーマンデー(ブラックフライデー?)にあやかって80% OFFなどバンバンセールを打ってます。

あとは中国のイメージ通りの、怪しくてニッチなガジェットも各種取りそろえ。数百円のUSBデバイスや8,000円から買えるタブレット&スマホなど。日本でも最近名前を聞くXiaomi(シャオミ)はここの中では高品質製品の位置づけです。ガジェット好きなら見ているだけでワクワクする、「初めてきた秋葉原」みたいな闇鍋感がありますね。

英語サイトだけど、右上の日本語を選べばリアルタイム翻訳でほぼ困らずに買い物可能。アカウントは専用で作らなくてもGoogleかFacebookアカウントでもログインできます。

中国からの発送でも遅い便なら送料無料。追跡不可で約15日~28日間かかります。追跡可能な一番速い便では約3日~7日営業日で追加約$9でした。

手に入れたデバイス

冒頭の夢物語を目指し、”Alexa”のフレーズで出てきたデバイスを商品説明だけ見ながらカートに突っ込みました。

そうして集まったイカれた仲間を紹介するゼ!!

Broadlink RM mini3 Universal WIFI / IR Remote Controller

$18.77 ーCoupon Code→$9.99

日本ではLinkJapanが抱き込んでeRemote miniとして販売しているOEMの元ネタ。

LinkJapanではこの安価なRM3 miniが国内で利用されるのを防ぐため、自社アプリを自社のeRemoteしか認識できないように制限をかけました。

まあそれもビジネスの手法かと思いますが、問題なことに日本のAppStoreではBroadlink社自身が提供しているアプリが何一つ入手できません。利用するアプストアを切り替えても「お住いの地域では利用できません」となります。責任者はどこか。

今回はその問題込みでも、何か他の連携機能から呼び出せないか試したくて買ってみました。この値段ならいいよね。

他に連携として使えそうなネタは

あたりでしょうか。どちらも英語のコミュニティしかないため、難航しています。少なくともインストールして挿したら動く、なんてお手軽システムではありません。

苦労したくない人は素直にお金出して国内製品を買うのが吉。

Xiaomi Aqara Temperature Humidity Sensor & Smart Wireless Switch

  • Temperature Humidity Sensor $9.47
  • Smart Wireless Switch $5.99

目薬サイズのセンサーデバイスとトリガーを起こすだけのプッシュボタン。ボタン電池で動作するので、好きなところに貼り付けて使えます。

とりあえずペアリング待機状態にしてAlexaアプリで検出してみると、「LUMIデバイス」と認識。そこから先はうんともすんとも。本来はPhilips Hueと同様、Xiaomi mijia Smart Home Aqara Security Kitを購入してその配下で動作させるのが正しい形。

Alexa Skillは海外限定。

日本語環境では表示すらされないのでここで詰む。その他の手段としてGithubでNode.jsを公開されている人がいるのでパーツとしては呼び出せるのかもしれない。

Meross MSS110 Mini Smart WiFi Plug

$17.46

コンセントをWi-Fi化するスマートコンセント。今思うと技○とか怪しいものを2,000円弱で買うならまだ国内Amazonで正規に流通してるものを買うべきでした。失敗。しかも3pinアース付きなので普通の壁コンセントには直接刺さりません。

動きとしては問題なく、Merossアプリからコントロールが可能。

Meross 1.1.2(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル
販売元: Chengdu Meross Technology Co.,Ltd. – Chengdu Meross Technology Co.,Ltd.(サイズ: 19 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)

しかし肝心のAlexaサポートについては、Skillがまたもや海外限定。

もうこのパターン嫌だ。ググっても海外のAlexa Skillを日本語環境で使う方法は出てこないし、いい加減利用者に任せてほしい。

Houzetek Smart Breaker

$5.99

かろうじて成果を生み出しているのが予想外にも適当に600円で買ったこのブレーカー。各サービスに対応していて意外としっかりしていました。

まずiPhoneからアプリで操作可能。Androidにも同様のアプリが公開されています。

Smart Life – Smart Living 2.9.0(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル
販売元: Yu xiang – Yu xiang(サイズ: 61.9 MB)
全てのバージョンの評価: (26件の評価)

Hub等のデバイスは必要なく、単独で操作します。

そして待望のIFTTTサービスも公開済み。

声による操作で念願のAC100V OFF/ONが可能になりました!ただし条件があってそれは後述。選べるアクションはONとOFFが別れているため、トグル動作ではなく明確に操作ができます。

海外ならAlexa Skillも有り。パーフェクトだ。

Amazon.com: Smart Life: Alexa Skills

常に問題はAlexaでありEcho Plus

多様なデバイスを色々試してみたけど、自分の理想に対する癌はやっぱりAlexaとEcho Plusの「未対応」にあります。ハードは揃っているのに「これでは認識しない」「ここでは公開されていない」といったソフト的要件でやりたい事が満たせません。今やサービスの要素の大半がソフトで出来てるから当然とも言えますが

AmazonでもGearsBestでも「Alexa対応」として書かれているものの大半は「英語環境のAlexaにSkillで対応」なので注意をしなくてはなりません。

よってEcho Plusに現時点でホームハブとしてのアドバンテージはほぼなく、それぞれのHubを買ったほうが断然良いと思いました。HueでさえIFTTT連携にはHabが必要になるし、Zigbee互換と書かれているXiaomiデバイスも相互に認識したりはしないし。

その中で妥協案として一つ使えそうと思ったのがReverbという「iPhoneの中に入ったAlexa」

Reverb for Amazon Alexa 2.0.7(無料)App
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
販売元: Rain – Rain Interactive(サイズ: 39.4 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Echoのてっぺんみたいな絵だけが表示されるので、タップしてEchoみたいに話しかけて使います。

Reverbのミソは実機の環境をかえずに「ここだけの英語(待受)環境」にできる所。ここでなら英語のフレーズを投げれば、日本語未対応のAmazon Alexa – IFTTTでもこれをトリガーとしたサービスを呼び出せます。
前述のHouzetek Smart Breakerもこれを使って動いた状態。

途中にも書いたとおり、豊富にある海外のAlexa Skillを日本語環境で使えるようにしてほしい。呪文みたいな約款に同意する儀式付きでもかまいませんから。

レビューなどを読むと、SmartLifeのAlexa日本語環境Skillは現在内部レビュー中みたいですね。近日出るのかもしれません。

2 Responses

  1. Yoshi 2017/12/24 / 17:41

    すばらしいです。今後、巡回させていただきます。

    • ぶっちー 2017/12/24 / 17:50

      ありがとうございます!
      小さな小さなBlogですがよろしくお願いします。

コメントを残す