小うるさいスクリーンセイバーを一発でOFF/ONするバッチファイル

自分メモです。
Windows7(ほかも一緒だと思うけど未検証)にて、スクリーンセイバーの有効無効をワンクリックでOFF/ONするバッチファイルの紹介です。

そもそも全くONにはしたくないのだけれど、「未使用時のPC表示内容保護」という目的で会社からはONにする事を強制されます。でもPCを2代並べて、ドキュメントビューワとして使ったり、ログ監視のターミナルを表示させたいときは本当に邪魔だしイラつく。

なのでそういう作業をする時だけ、スポット的にぱぱっとOFF/ONを切り替えたいと思いました。元ネタがあったと思うんですが、だいぶ昔だったので失念。

以下の設定でOFF/ONされます。

  • スクリーンセイバー起動までの時間:3分
  • スクリーンセイバー解除時にパスワードを要求する:ON

OFF

基本はスクリーンセイバーまわりのレジストリの全削除。ScreenSaverInSecureのみは値を0にし、無効化しています。

ON

こちらはさっきの逆で全部追加。スクリーンセイバーの.scrを指定しているのでそこは読み替えで。InSecureは1で有効化します。

あとはこれらのショートカットをデスクトップに作り、都度切り替えるだけ。これ系のツールもいっぱいあるけど、社内においてはOS内で済ませるのが一番。

コメントを残す