2017年 あけましておめでとうございます(Steelcase LeapChear買いました)

あけましておめでとうございます。本年も徒労日記ならびに中の人をよろしくお願いします。

今年は久しぶりに実家にて新年を迎えました。この頃は単なる再会の喜びだけでは済まされない話も聞くようになり、「自分共々周りも歳をとるなー」と感じた帰省でもありました。
あとは北海道の暖かい室内に慣れてしまい、だいぶ南にあるはずの実家がかなり寒い。昔は元旦0時を目指してお賽銭を投げにいったものですが、最近は億劫になってしまい食べてダラダラ・・。

Steelcase LeapChear

昨年は腰痛に悩む

昨年は自分も喜べない話がありました。

忘れた頃に発症する腰痛がひどくなり、今世紀最高のビッグウェーブに。前日少し痛いなーくらいに思っていたら、翌日の朝瞬間的に悪化し全く立てなくなりました。横になっていてもズキズキと痛み、少しでも動かせば激痛で声が漏れます。このまま二度と立てなくなるんじゃないかと本気で思ったくらい。
結局10日ほど入院してどうにか復帰できましたが、日々の生活や行いから腰の筋肉に負担がかかり急性腰痛症となったようです。

退院後は椅子に座ると太ももの裏がしびれる坐骨神経痛にしばらく悩まされました。改善すべき所は色々ありますが、大きな負担の一つである長時間の着座を改善したいと思ったのが昨年末。会社の椅子は割りと体に会っている様なので、あとは帰宅後座る家のOAチェアを変えてみることにしました。

リープチェアに決めた

今の椅子は中古で5,000円だったオカムラ CX97ZR。

今までは普通に使っていましたが、退院後は30分も座ると脚がしびれて辛い思いをしました。会社の椅子とも反応が違うため、クッションや体に当たる確度、圧力などで違いが出るようです。

そこで大塚家具や中古オフィス家具屋でいろいろ試座し、オカムラのバロンと迷いつつLeapSteelcaseのLeap V2に決定。新品では14万円もするのでもちろん中古で。

取扱台数が多そうなオフィスバスターズでチェックし状態がAかA+の商品を出してる4店舗にそれぞれ見積もりを依頼。送料が安くこまめに連絡をくれた池袋店で購入しました。商品が39,800円に送料が4,500円(時価)で消費税を合わせると合計47,844円。20kg近くあるものを北海道まで運んで4,500円は安いと思います。

状態は”A”との事で、クッションは綺麗だけど少しヨレあり。ぶつけがちなダイヤル部分には削れがありますが、壊れやすいという肘置きは綺麗で安心しました。V2になってから肘置きの耐久性が上がっているとかどこかで見たような?ただ製造が2006年あたりらしいので値段相応といったところ。

環境まで調整が必要

どこを調整できるかは以下の説明書がわかりやすい

通常のオフィスチェアとくらべ非常に多くの部分が調節できます。特に腰のサポートが良いとされ、多くのサイトでその良さが語られています。

まだ座り始めて間もないので、レビューなどはまた今度。より良い作業環境を整えるには多数ある椅子の調整はもちろん、テーブルの高さから足置きの形までをトータルで考える必要があるみたい。しばらく試行錯誤してみます。

コメントを残す