もっと広範囲を映したい。スマホ用広角レンズで監視カメラの改善を試す

先日カーポートに取り付けた防犯カメラですが、画角だけが狭くて残念という商品でした。

屋外で使える本格的Wi-Fi監視カメラ DBPOWER C300E | 徒労日記

それにスマホ用の広角レンズをつけて改善を試みました。

LIEQI 0.4倍広角レンズ

安い防犯カメラに追加投資、なので「出来る限り安い広角レンズ」だったのがこれ。

20161019-01

LIEQIという似た物が色々な業者から出品されている商品。自分は送料無料に惹かれて頼んだら、遅れに遅れて到着まで三週間以上かかりました。箱は潰れて到着。中国出荷との事でしたが多少高くても国内出荷の物にしておけば良かった・・・。

重量感のある巨大なレンズと収納ポーチ。

20161019-02

「ケラレなし!」とのことでしたが、試しにiPhone 7 Plusにつけてみたらしっかり四隅が暗く。

このレンズ部分だけを取り外し、ホットボンドでC300Eのカメラ保護ガラスに接着します。

20161019-03

異様な見た目になりましたが効果はあるのか・・・・

結果

これが最初の状態

20161019-04

これにレンズを付けた結果。

20161019-05

一気に画角が広がりました。黄緑で囲ったあたりがこれまで表示していた部分(家が映っちゃってるのでボカシを入れています)。中心部にくらべ、外周はぼやけているものの一応監視カメラとは使えそうなレベルに拡大できました。「何かが居たか」を判断するのには十分ですが、「誰か」までを特定するには真ん中に来てもらわないと駄目そうです。

そして問題の夜は・・・

20161019-06

なんじゃこりゃ。

大きなレンズが赤外線LEDを覆ってしまっているのが大きいと思いますが、単なる光量不足以上の変な映り。乱反射でもしているかのようです。密着が甘いのかと思って何度か取付し直しましたが変化なし。

という事で結局取り外す事にしました。お昼限定で良ければアリだと思うのですが、夜も考えると本体をヒキ気味で取り付けるほか無さそうです。

コメントを残す