NetGearのちょっと便利な8ポートスイッチGS108Ev3にチェンジ

我が家のGbEスイッチがフリーズ(数ヶ月に一度だけど)するようになったため、ふと見つけたAmazonタイムセールでポチってしまいました(\4,480)。

アンマネージプラス・スイッチ

ギガビット8ポート アンマネージプラス・スイッチ GS108E | ネットギア

20160415-01

一般的な家庭用スイッチ(NETGEARではアンマネージド=管理しないスイッチと呼ぶ)にL2SW(レイヤー2スイッチ)の一部機能をプラスした「アンマネージプラス・スイッチ」と呼ぶ商品。NECなど他社からもポツポツ出ているジャンルで、L2SWなら数万円するVLANやステータスモニタなどの機能が数千円で手に入ります。

Web管理画面なら色々できる

GS108Eは設定ユーティリティとWebブラウザの2つから操作可能。

設定ユーティリティは基本最低限

設定ユーティリティはインストール型のプログラム。初期IPはDHCP取得なのでまずはこのツールで見つけて変更する事になります。

「システム」タブは各ポートのスピード、フローコントロールなどを設定可能。リンクの状態や速度が確認できます。

20160415-06

「VLAN」タブで”基本ポートベースVLAN”は一般的なポートVLAN、”拡張ポートベースVLAN”はIEEE 802.1QのタグVLANとなるようです。これで「大変、お客様だわ!家庭内LANとブロードキャストドメインを分けなきゃ!」という日々の出来事にもサッと対応できますね。

20160415-04あとはQoSくらいで、設定ユーティリティでできる事は限られています。

Webブラウザからすべての機能を利用可能

英語表示になってしまうものの、全機能が操作可能。メニューを列挙すると

  • Switch Information
  • Port Status
  • Loop Detection
  • Change Password
  • Device Reboot
  • Factory Default
  • Firmware Upgrade
  • Save Configuration
  • Restore Configuration
  • Mirroring
  • Cable Tester
  • IGMP Snooping
  • VLAN Portbase(Basic)
  • VLAN Portbase(Advanced)
  • VLAN 802.1Q(Basic)
  • VLAN 802.1Q(Advanced)
  • QoS Portbase
  • QoS Rate Limit
  • QoS Broadcast Filtering

ポートごとの通信量が見えるPort Statusは割りと使う場面がありそう。パケットキャプチャに使えるポートミラーリングができる”Mirroring”なんか「家でまず使わないけど有る事に意義がある」感じがしてかなり良いです。

20160415-05

欲を言えばここからWoLパケットとか出せたら更に使い道が増えたかもしれない。

省電力比較

最後にいつもの如く消費電力を図ってみました。

約10年間?我が家のインフラを支えてくれた初期のGbEスイッチETG-SH5

20160415-02

カタログスペックでは10Wとの事ですが、ワットチェッカー実測は5W。最新のLED電球が24時間365日点きっぱなしと思うと大きような。

対するGS108Eはカタログスペックで4.45Wですが、実測は1W(挿してるケーブルはETG-SH5と同様に4本で計測)。QoSなどプロセッサ負荷が上がれば増えると思いますが、かなり低いですね。4W差は1年で約700円差になります。
ベタな計算ですが6年半使えば装置代回収可能。あとは無期限保証を謳う「ライフタイム保証 | 【NETGEAR】」でどこまで使えるかでしょうか。

コメントを残す