安買い物は銭失い?Nikonの1万円デジカメ2機種を使ってみた

自分が買ったわけでは無いけれど、Nikonの最安デジカメ2機種をさらっと触る機会がありました。スマホのカメラが飛躍的に進化している今、格安コンデジに「専用の道具を持つ価値」はあるのでしょうか。

COOLPIX S2900とS33

S2900

COOLPIX S2900はNikon最安のカメラ。現時点でのAmazon価格は8,300円 20150512-01その価格でありながら2005万画素、光学5倍ズーム、2cmという厚さがポイント。

付属品は極小のバッテリー、0.5AのUSB充電器、ミニ8ピン平型ケーブル、細いストラップのみ。ボディは名刺サイズのフットプリントで折りたたんだガラケーのサイズ。四辺がならだかにラウンドしているため、手には馴染むけれど落としてしまいそうです。ストラップの取り付けは必須でしょう。

2.7型液晶はこのボディサイズにしては大きく、高い視認性があります。ただ視野角は狭くコスト相応といったところ。カメラの起動は速く、ONにして1秒で撮影が可能。最大解像度で撮影してもテンポ良く撮影ができました(少なくとも内蔵メモリでは)

S33

S33はNikonの防水カメラにおいて最安のカメラ。現時点でのAmazon価格は12,600円。

20150512-02

各社から防水デジカメは出ているものの、この価格で出しているのはニコンだけ。

添付品はほぼS2900と同じだったので割愛。ただしケーブルがミニ8ピン平型ケーブルではなく汎用のMicroUSBケーブルそもそもミニ8ピン平型とか必要性もわからないし不便すぎてメーカーの陰謀としか思えない。

スペック上はS2900に劣るものの、この価格帯で「水深10mまでの防水性能と1.5mの耐衝撃性、-10℃の耐寒性能」を謳うのはNikonだけ。耐衝撃はあるけれど外装はすべてつるっとしたプラスチックのため、落としたらがっつり傷は入ると思われます。

GR含めてスペック比較

COOLPIX S2900 COOLPIX S33 RICOH GR
有効画素数 2005万(5152×3864) 1317万(4160×3120) 1690万(4928×3264)
撮像素⼦ 1/2.3型原⾊CCD 1/3.1型原⾊CMOS APS-C(3型相当)
開放F値 f/3.2-6.5 f/3.3-5.9 f2.8-16
焦点距離
(35mm換算)
4.6-23.0mm
(26-130mm相当)
4.1-12.3mm
(30-90mm相当)
18.3mm
(28mm相当)
ISO 80-3200 125-1600 100-25600
動画 720/30p 1920x1080p 1920×1080
電池寿命 250コマ 220コマ 290コマ

一見S2900とS33ではそれほど差はない様に見えます。

20150512-03ところが使ってみると別物に近い操作感。

S2900は廉価ながらひと通りの撮影設定ができる普通のコンデジ。対してS33はとにかくカメラまかせで簡単に撮るのが目的のアクションカムみたいな製品に感じました。操作は画面左の4つのボタンに割り当てられるので十字キーは使用せず。録画ボタンもシャッターボタンと同じ大きさのものが別に用意してあるので咄嗟の場合でも録画しやすくなっています。きっとグローブをはめた状態とか水中での操作、子供の操作とかを想定してるのでしょう。

撮影サンプル比較

最後に撮影サンプル比較。屋外の花、室内の料理、そして我が家のベンチマーク的モデルになっている夜のニキシークロックです。

屋外の花

画角を意識せず、同じ立ち位置から最広角側で撮影しています。

S2900:f/3.2-1/640s-ISO80-5152 x 3864

20150512-04S33:f/3.3-1/800s-ISO125-4160 x 3120

20150512-05GR:f/2.8-1/1000s-ISO100-4928 x 3264

20150512-06

室内の料理

S2900:f/3.2-1/25s-ISO400-5152 x 3864

20150512-07S33:f/3.3-1/30s-ISO280-4160 x 3120 20150512-08GR:f/2.8-1/40s-ISO200-4928 x 3264

20150512-09

ニキシークロック

三脚を使って撮影。レンズの位置が違うので少しづつずらしてます。

S2900:f/3.2-1s-ISO80-5152 x 3864

20150512-10S33:f/3.3-1/8s-ISO400-4160 x 3120

20150512-11GR:f/10-4s-ISO100-4928 x 3264

20150512-12

 

目的を持って使えば1万でも十分

たとえ8,000円のカメラでもスマホにはないレスポンス、十分な写りをする事がわかりました。特にスマホはISO調整と光学ズームがない為、これを使う用途なら1万円デジカメを用意する価値もあります。

S2900は何よりコンパクト。カバンからサッと取り出して待たされることなくシャッターを切れるのが強みでしょう。ビジネスシーンに合いそうです。対してS33は「設定できない」ことによる簡単さがむしろ売りのように思います。ボタンも大きく、ちょっとくらい落としても大丈夫。子供や年配の方でも使えるし、コスパの高い製品だと思いました。

コメントを残す